「Delete Custom Fields」の代わりに使えるカスタムフィールド削除プラグイン「Edit Custom Fields」の使い方

カスタムフィールドをまとめて削除したいなら、長いこと更新されてない「Delete Custom Fields」の代わりに同じことが出来る「Edit Custom Fields」をおすすめします。

WordPressのカスタムフィールド一括削除プラグインといえば「Delete Custom Fields」が定番ですが、もう8年も更新されてません。(2020/05/27現在)

そのせいで、WordPressの「プラグインを追加」からインストールしようと思って検索しても(後ろの方まで見ればあるのかもしれないが)出てきません。

さらに、すべてのカスタムフィールドが出てくるわけでなくて、一部しかリストに出なかったりして、消したいカスタムフィールドが消せない場合もあったりします。

Edit Custom Fields」だと、WordPressに入ってる全てのカスタムフィールドが出てきますし、削除以外にもカスタムフィールド名のリネームもできて便利です。

Delete Custom FieldsとEdit Custom Fieldsの比較

2020/05/27現在での、Delete Custom FieldsとEdit Custom Fieldsの機能等の比較です。

  Delete Custom Fields Edit Custom Fields
最終更新 8年前 4ヶ月前
インストール数 3,000以上 700以上
確認WordPress 3.3.2 5.3.3
レビュー ★★★★★ ★★★★☆
評価数 18 3
言語 英語 英語
機能 削除 削除 / リネーム
対象カスタムフィールド数 最大100 上限なし

Delete Custom Fieldsの方が有名なので、インストール数や評価は多いです。ただ、古いのと操作可能なカスタムフィールドの上限が100個までという制限があります。

Edit Custom Fieldsの場合は、操作対象のカスタムフィールド数に制限ありません。僕のWordPressで試したところだと296個表示されました。

いらないと思いますが、こんな感じの差になってるという動画(gif)です。

Edit Custom Fieldsのインストール

WordPressの左側のメニューから「プラグイン」>「新規追加」でプラグインを追加画面を開きます。

右上のキーワード欄に「Edit Custom Fields」と入力すると2番目くらいに出てきますので、「今すぐインストール」をクリックしてインストールしてください。

もしくは、WordPressプラグインディレクトリ「Edit Custom Fields」からダウンロードしてアップロードしてください。

カスタムフィールド削除プラグイン「Edit Custom Fields」のインストール
カスタムフィールド削除プラグイン「Edit Custom Fields」のインストール

インストール完了したら「有効化」してください。特に設定はありません。

カスタムフィールドの削除の仕方

WordPressの左側のメニューの「ツール」>「Edit Custom Fields」をクリックすると、カスタムフィールドの一覧がでます。

削除したいカスタムフィールドにチェックをつけて、「Delete Checked Custom Fields」ボタンを押してください。

(「Rename Checked Custom Fields」をクリックするとカスタムフィールド名を変更できます。カスタムフィールドの名前をつけ間違えたときに使えます)

カスタムフィールド削除プラグイン「Edit Custom Fields」での削除
Edit Custom Fieldsでカスタムフィールドを削除する

選択したカスタムフィールドが使われてる記事などが確認できる削除確認画面が出ます。

復元出来ませんよ。的なメッセージがでてますので本当に削除していいなら、「Yes, DEFINITELY delete these custom fields」をクリック。

カスタムフィールド削除プラグイン「Edit Custom Fields」での削除確認画面
カスタムフィールドが使われてる記事と削除確認画面

「Success! The custom fields have been deleted.」と出ると削除完了です。

簡単すぎるので間違って消さないようにご注意ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です