Excelで読み込んだCSVが改行されてしまう場合の対処法

Excelでデータに改行を含むCSVファイルをインポートして読み込んだとき、下の画像みたいに改行位置がずれておかしくなります。

Excelで読み込んだCSVファイルの改行位置がおかしい
Excelで読み込んだCSVファイルの改行位置がおかしい例

Excel2016以降なら、読み込んだ後にデータソースの設定から改行の扱いを変更すれば、ちゃんと見れるようになります。

ダブルコーテーション(”)で項目を囲んでその中で改行しても同じで治りません。初期状態では改行はExcelの新しい行(レコード)として処理されるようになってますので、この設定を変える必要があります。

データの取得と変換でCSVファイルを開く

まずは、Excelを起動して、「データ」 > 「データの取得と変換」>「テキストまたはCSVから」を選んで普通に読み込んでください。

Excelでデータと取得と変換からCSVファイルを開く
データの取得と変換からCSVファイルを開く

しばらくすると、下のような画面が起動するので、そのまま「読み込む」をクリック。

Excelのデータの取得と変換でCSVを読み込む
Excelのデータの取得と変換でCSVを読み込む

データソースの設定を変更する

この段階では、まだ改行おかしいです。

この状態で「データ」>「データの取得」>「データソースの設定(S)」をクリックして開きます。

Excelのデータの取得と変換、データソースの設定
データソースの設定を開く

データソース設定画面で、「ソース変更」をクリック。(複数のファイルがある場合は該当のファイルを選んでください)

Excelのデータの取得と変換、データソースの設定画面
「データの取得と変換」の「データソースの設定」画面

「コンマ区切り値」の画面で「改行」のところを「引用符で囲まれた改行を無視」に変えます。

Excelのデータソースの設定、コンマ区切り値画面
「データソースの設定」のコンマ区切り値」画面

「OK」して「閉じる」で設定画面を閉じます。

CSVデータが表示されてる部分ならどこでも良いので、右クリックして「更新(R)」をします。

Excelのデータ読み込みの更新
CSVデータ読み込みを更新

ファイルが再読込されて改行位置が正しくなります!

Excel2013以前の場合

ここで紹介している方法は、Excel2016以降の「データと取得と変換」でCSVを読み込んだ場合のみ対応できます。

Excel2013以前(または、Excel2016以降でも「従来のウィザード」>「テキストから(レガシ)」の場合)のテキストファイルウィザードで読み込む場合は、改行設定ができません。

Excelで開くと文字化けするCSVファイルへの簡単な対応方法を参考に、メモ帳で開いてCSVをBOM付きで保存にしてください。

BOM付きにすると、「引用符で囲まれた改行を無視」と同じようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です