独自ドメインをCNAMEでマッピングするときはAレコードと重複しないように注意

タイトルどおりで、当たり前すぎますが、CNAMEレコードとAレコードの両方があった場合、Aレコードが優先されてCNAMEが効きません。

これが正しい動作です。というよりも、そもそも設定が間違ってますので、こんな指定はしないように注意しましょう。(これに気づかず何日も悩みました。)

なんで、CNAMEなのか?

無料ブログ(今回は、Seesaaブログ)で独自ドメインを使おうと思ったら、CNAMEでマッピングする必要があります。

サブドメインなしの独自ドメインでブログ運営をしつつ、メールも使いたという設定です。
(ドメインをexample.com、サーバーをX2、ドメイン取得をお名前.comとします)

つまり、

http://example.com/ → Seesaaブログ
http://www.example.com/ → X2サーバー
info@example.com → X2サーバー

こういう感じです。Seesaaブログではメール機能は提供してくれまセんので、自前のサーバーで用意しないといけません。

とりあえず普通のドメイン設定

ドメイン取得後、まずは、お名前.comでネームサーバーをX2へ向けます。

お名前.com DNS設定
お名前.com DNS設定

Seesaaブログで独自ドメインの設定をサブドメインなしで設定します。

Seesaaブログ独自ドメイン設定
Seesaaブログ独自ドメイン設定

初期状態のDNS設定を一部削除

次に、X2でドメインを追加して、DNS設定をしますが、CNAMEを追加するだけではダメです。

初期状態で、サブドメインなし(example.com)とwww.example.comがAレコードでX2サーバーのIPを示してます。このままだと、サブドメインなしがSeesaaブログへ向きません。(TXTはウェブマスターツール用に設定してますので気にしないでください。)

X2 DNS初期設定
X2 DNS初期設定

まず、サブドメインなしのAレコードを削除。www.example.comはそのまま置いときます。

このままだと、MXレコードがおかしくなりますので、MXレコードの値をwww.example.comへ直します。

それから、最後にCNAMEを追加して、c.seesaa.netへサブドメインなしを向けます。以下の様な感じになればOK。(TXTは関係ないです)

X2 DNS設定完成
X2 DNS設定完成

しばらく(数時間~1日)すると、サイトはSeesaaブログの内容を表示、メールはX2で設定したものが使えます。

www.はX2で設定可能です。他のサブドメインもX2で運用できます。

ホントはダメみたいです

livedoor Techブログ : CNAMEの間違った使い方

”CNAMEを設定したときは、他の全てのレコードを設定してはならない”

ホントはこういうことはしてはいけないようです。そもそもサブドメインなし独自ドメインをCNAMEで他に向けるのはダメみたいです。

一応、上のやり方で動いてますので、自己責任でお願いします。

2 COMMENTS

ミキ

個人でサイトを管理しているのですが、専門知識に乏しくwwwサブドメインが表示されずはまっていました。この記事のおかげで問題が解消しました。ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です