Pocket

オオアリクイ

Googleからなんからのペナルティを受けて、トップページが圏外へ飛ばされて検索結果にでてこなくなって、半年が過ぎようとしています。

もともとの最盛期からすると、アクセスが1/10に減少しています。かなり困った状態なので、自分なりに原因を調べてみました。

ウェブマスターツールにメッセージがないか?

ウェブマスターツールで比較サイトを確認。「検索トラフィック」>「手動による対策」を確認します。

Googleウェブマスターツール 手動による対策

手動によるウェブスパム対策は見つかりません。

アルゴリズムによる対策のようです。

セーフブラウジング診断を確認する

Google セーフ ブラウジング診断で比較サイトのURLを入力してテストしてみます。

Google セーフ ブラウジング

問題ないようです。

「Google は過去 90 日の間、このサイトを巡回していません。」となってますが、ウェブマスターツールで確認すると、巡回されてるので問題無いと思います。

ペナルティ判定フローチャートをやってみる

Googleペナルティ判定フローチャートで順番に質問に答えます。

ウェブマスターツールを使えない?
いいえ。使えます。
ペナルティの警告メッセージが来ている?
いいえ。来てません。
siteコマンドでURLを検索し表示される?
はい。トップページが一番はじめに出ます。
トップページの上の方にある1文を検索し最上位に表示される?
はい。本文の最初をダブルコーテーションで囲んで検索しました。
全ページに共通する語句で検索しトップページが全下層ページより上位表示される?
はい。サイト名で出てきます。
トップページ内の特徴的な単語で3語検索し20位程度に入っている?
はい。価格を入れるとトップに出ます。
順位の下落幅が100位程度以下?
はい。圏外です。

ペナルティの可能性大

やっぱり。。。

原因を探ってみる

続いて、Google検索順位下落・ペナルティ 診断と対処66項目で原因を探してみます。問題は、これがなかなか分からない事。

  • 類似コンテンツとみなされるページが大量にある
  • オリジナルコンテンツがない。RSSで取得できたり他のサイトにもある文章が多い

この辺でしょうか?

Panguin Toolで確認すると・・・

Panguin Toolでも、確認してみました。

Panguin Tool

明らかにパンダです。しかも、アナウンスのあった最後のパンダアップデートみたいですが、最後のパンダアップデートはそんなに影響してないはずなんですが。

Google、パンダアップデート更新を実行。対象サイトの条件を緩和。 | 海外SEO情報ブログ

低品質評価の条件が緩和されることにより、パンダアップデートの影響から免れるサイトが出てくることが期待されました。

緩和されたアップデートのはずなんですが・・・

ネタではありません

ネタっぽいですが、ネタではありません。困ってます。

が、どうやらウチだけの問題では無いみたいです。どうも、他の価格比較サイトもGoogleに殺されてるようです。

お知り合いに、紹介してもらえませんか?

いつも、読んでいただきありがとうございます。もしこの内容に価値があると思われたら、お知り合いにも紹介してもらえると、とても嬉しいです!

Pocket